恋愛から結婚までの大体の流れ

恋愛から結婚までの期間

恋愛してから結婚に至るまでの期間についてどれくらいが理想とされているかの調査によると1年以上2年未満が32.3%、2年以上から3年未満が23.0%となっています。1年未満で結婚したという人は、勢いと直感によって結婚を決めたという人が多いようです。1年以上3年未満で結婚したという人は、四季を共に楽しんでから結婚するという人が多いようです。3年以上から5年未満で結婚を決めた人は相手をよく理解してから決めるという人が多いようです。

結婚につながるポイント

結婚するためには、自分が結婚にどんな条件を求めているのか明確にしておくことが必要となってきます。相手の年齢や収入、結婚後も仕事を続けるか、子供を産む予定か、産むなら何人ほしいかなど明確にしておく必要があるといえるでしょう。それらを会話の中で、少しずつ聞いていって自分が求めている結婚相手になっているか判断できます。またタイミングは重要となってきます。好きでも結婚しない人たちもいます。仕事のタイミングや、キャリアなども関係してきますのでタイミングを見計らうことは重要なことです。結婚したいなら、結婚願望がない人と付き合っているなら別れることも視野に入れる必要があります。相手の価値観を変えることは難しいからです。

結婚に至るには

では結婚に至るまではどういう流れなのでしょうか。付き合い始め恋愛をしていく男女は月日が流れていくうちに、結婚について考えることになるかもしれません。その際にいつ頃結婚したいのか少しずつ話をすることができます。子どもがほしかったり、周りで結婚が多くなってくると焦って考えてしまうかもしれませんが、その前からよく話しておくならいつまでに結婚するか相手の意思確認ができます。その後、その年齢になったり、結婚の意思が二人で固まったら、それぞれの両親に挨拶に行きます。緊張するものですが、避けては通れないものなので、マナーなども確認して挨拶に行きましょう。両親の合意が得られたなら、親同士が会うよう会食のセッティングをしましょう。両親同士の相性も良いと今後の結婚生活の安心できるものとなります。また結婚式に関しても具体的に話すことができるので良い機会となるでしょう。
その後結婚式を挙げることになったなら式場を選ぶことができます。結婚式をするには招待客を選ぶことや、招待状を送ったり、座席表を作ったり、引き出物を選ぶなどしなければならないことが多くあります。早めに取り掛かることがよいといえるでしょう。新居を決める必要もあります。家具の手配や家電選びなどもしなければならない場合はもっと多くの時間がとられるので、よく話し合っておくならスムーズに決めることができるでしょう。