贅沢や貧乏に慣れすぎていると結婚は難しい

金銭感覚のずれは当たり前だけど

付き合っている間に、相手が贅沢だなと思ったり、ケチだなと思ったりしてしまうことがあるかもしれません。それは当たり前の感覚といえるでしょう。何にどれだけ使うかは家庭環境だったり、価値観によって変わってくるからです。生まれも育ちも違う人と一緒にいるとそう思ってしまうのは仕方ないことだといえるでしょう。ほとんどの人が親から受け継いでいる金銭感覚で大人になっているのです。でも、それが極端すぎると結婚が難しくなってしまう場合があります。

贅沢だったり貧乏に慣れ過ぎている

相手より贅沢な生活をしていることが分かると線を引いてしまうこともあるようです。また貧乏症になっている人も同じように線を引いてしまいます。特に慣れ過ぎてしまうと気づいていない間にその行動をとってしまうのです。これらは結婚できるかにもかかってきます。付き合っている間に見せるふとした行動は、結婚生活でも見せるものだと思います。それが許せる範囲であるならいいかもしれませんが、極端になってくる慣れ過ぎてわかっていないなどになると、変えようがないので合わせられなくなってしまうことを考えると結婚を難しくさせるようです。ですから自分が極端になっているか確認することができます。友達にそういう傾向があるか教えてもらうこともできますし、生活で使っているお金をどれだけ何に使っているか書き出してみて、それらが一般的な平均値からかなり外れているなら考える必要があります。
価値観が同じ人が見つかれば、変える必要はないといえるかもしれませんが、なかなかいないかもしれません。その際には、結婚が難しくなるので、少しずつ平均値に変更できるように調整していきましょう。それは無理をするのではなく、自分の収入の範囲で生活しているうえで、変更できる場所を探すことができます。それによって、価値観を変えていくことができます。

結婚のために臨機応変に

お金に関する夫婦の問題は後をたちません。それは、離婚にもつながってしまうことが多いのです。前もって相手のお金に関する価値観を知っておくならそれによって幸せな生活を送ることができるといえるでしょう。譲れないものがあるなら、それをわかってもらうための方法も考えておくならストレスなく、自分の価値観を調整していくことができます。慣れ過ぎるというのは怖いものですね。