結婚にぴったりな男性の仕事

以前の男性に求められていたもの

女性は男性に以前は「三高」が求められていました。流行語になったほどですが、これは「高学歴・高収入・高身長」のことです。
それが現代では変化しています。

現代の男性に求めているもの

女性が現代求めているものは「三平男子」です。現代の理想の結婚相手は、平均的な年収であり、平凡な容姿をしていて、平穏な性格をしている男性のことです。平均的な年収というと300万円から500万円です。イケメンよりも普通の容姿をしていて、喧嘩しても怒らなかったり、理不尽なことをされても感情を出さないという人を求めているようです。それがちょっと変化していて、「4低」に変わってきているようです。それは「低姿勢、低依存、低リスク、低燃費」であるようです。低姿勢とは威張らないこと、低依存は家事を女性にすべて頼らないということ、低リスクとはリストラされないこと、そして低燃費とは節約できる男性を示しているようです。このように見てみると、以前はとても高い基準になっていましたが、今はお金というよりは、性格や居心地の良さだったり、相手に示す気遣いなどが見られているのかもしれません。

男性の仕事

では結婚にぴったりな仕事とはどんなものがあげられているのでしょうか。女性が結婚相手に求める男性の職業としては、公務員がダントツです。安定を求める時代になったので、以前もそうでしたが公務員があげられるのかもしれません。仕事時間も固定されているという点でも安心できるのかもしれません。他には医師・医者、商社系、弁護士、パイロット、教師・教員、IT系、建築・土木、自営業・事業家、広告代理店などがあげられています。やはり高収入の職業も挙げられていることを考えると経済力による安定も女性は求めていることが分かります。
逆に結婚相手についてほしくない職業には飲食関係、医師、美容関係、教師、実業家、パイロット、IT関係、公務員、建築・土木があげられています。難しそうと思う職業や仕事時間が安定していないなどの理由から良く思われていない職業があげられているのかもしれません。これはあくまでも統計ですので、自分の地域や求めるものによって変わってくるのではないでしょうか。どの職業もいいところも難しい点も沢山あります。男性が自信をもって精一杯仕事している人にひかれるのるかもしれませんね。