育児休暇の有無で会社を選ぶと楽

育児休暇について

育児休暇または育児休業とは、子どもと養育するために労働者が法律に基づいて取得できる休業のことです。これは1991年に制定されておりそれ以降条件を満たすなら男女問わず育児休暇を取得することができます。育児休暇は子どもが生まれた日から1年間取得することができます。さらに理由があれば半年追加して育児休暇をとることが可能です。

育児休暇の取りやすい会社を選ぶ

結婚や将来子供を産むことを考えている夫婦は、育児休暇がある会社や育児休暇をとりやすい会社に就職することは仕事と家庭を両立するのに役立つといえるでしょう。圧倒的に育児休暇を取得する人は女性が多く、男性は少ないようです。また以前に育児休暇を取得している人がいる会社だと育児休暇を取得しやすいといえますが、そうではない会社は、取得するのに抵抗があるかもしれません。そういったことも事前に調べたり、会社側に尋ねてみることも方法の一つといえます。
まだまだ育児休暇をとることは世間的によく見られていないこともあります。その点で会社がどう思っているのか、会社規定にはどんなことが書いてあるのか調べておくことができます。厚生労働省や国会議員でも育児休暇を勧めていますが実際には取りにくいのが現状なのではないでしょうか。それでも仕事と子育てを両立できる環境の実現には少しずつ進歩がみられているようです。育児休暇を取得することで、休職中にゆっくり子供と過ごすことができますし、復帰後の働き方もしっかり考える機会となります。また復帰のための準備もしっかり行うことができます。仕事をしながら育児をするとノイローゼになってしまいますが、1年間子供としっかり過ごすことでも子供と十分ンコミュニケーションをとることができるといえます。ですから育児休暇が取りやすい会社を選ぶことは重要です。

育児休暇の取得者も多い企業

育児休暇が取りやすい会社としてあげられているのは、三菱UFJファイナンシャルグループやみずほファイナンシャルグループ、三井住友ファイナンシャルグループです。銀行業が上位を占めています。他には日本電信電話の情報通信業や、日本生命保険や第一生命保険の保険業も上位にあげられいます。日本航空の空運業や、日清医療食品のサービス業も挙げられています。こうした育児休暇が取得しやすい会社を視野に入れて就職先を考えることもできます。